UBIQ 日本製である意義



 

UBIQ
Kosaka Tomoyuki

 


靴とは履物であり生活に欠かせない日用品である。私の体験してきたところ1990年代から始まったスニーカーブームによって履物の価値観が変わってきた。従来スポーツシューズとして消費されてきた履物がファッションのアイコンとして市民権を得てから各メーカーからこぞって機能性(見た目にわかりやすい)を売りにしたスニーカーがリリースされた。そしてそれが感度の高い若者を中心にファッションに取り入れることが広まったのがスニーカーブームのはじまりであったと認識している。また別注という言葉を耳にするようになったのもこのころである。各ブランドからファッションに特化したよりスタイリングしやすいものから奇抜なものまでそして発売後にプレミアムがつく限定品などスニーカーのマーケットは凄まじい勢いで拡大していった。そしてスニーカーコレクターと呼ばれる人たちが多く存在し現在も趣味趣向は違えど存在し続けている。

Shoes are what we put on and one of the essentials for us. As far as I have experienced the value of sneakers has been changing because of the sneakers fad which since 90’s. Since the sneakers turned out to be one of the fashion icons from sports item, so many functional sneakers were released from numerous brands.The sneakers fad was start by young people that are ahead of the trend. Custom-made shoes also became

From stylish to quirky sneakers were released from each brand, and a market for limited design had risen significantly. Still now, there are a bunch of sneaker-collectors.

2000年代に入って今までスポーツブランド以外にスニーカーブランドが認知されることはほぼなかったのだが物作りがより身近になり、いわゆるドメスティックスニーカーブームが訪れた。それらのブランドはよりファッションに特化した物作りが時代にマッチし多くの人からの支持を得て一大ムーブメントを引き起こした。UBIQもその一つである。昨今スニーカーや革靴を含む靴、洋服、バッグなどのファッションアイテムは、世界各国で製造・販売されています。より効率化を図るべく各メーカーとも開発に余念がない。特にここ数年のスニーカーの進化のスピードには目を見張るものがある。従来の製造方法の根本が大きく変わってきているのである。そして多くのメーカーが同じベクトルで進んでいるので各メーカーとも自身の色を出すのが難しくなってきているのではと感じることもある。群雄割拠のハイテク戦争のようだ。素材メーカーやソールメーカーは新素材を開発してはメーカーを渡り歩き各メーカーは最新技術をそれぞれの商品に落とし込んでいく。UBIQのような小さなインディペンデントなブランドはその戦いに参加できない。しかしながらそれに参加することに意味があるとも思っていない。
After 2000, sneakers form domestic brands became trendy since an accessibility of sneakers craftsmanship has increased.
Those domestic brands that stick to the latest fashion became a huge movement thanks to the support by fashion enthusiasts. UBIQ is one of them.
Recently, all the fashion items such as shoes including loafers, clothes and bags are manufactured and sold all around the world so that high efficiency is needed.
The way of manufacturing has been changing considerably over the past few years, and many brands are heading to the same customers so it’s getting difficult to express the color of the brands. New fabrics and soles are developed, then those newest techniques are applied to the new designs day by day; it is like cat-and-mouse games. Independent brands such as UBIQ cannot take part in those games, however it is nonsense to play the game for them.

そんな中でも”MADE IN JAPAN”が注目を集め、世界中で高い評価を得ている。世界中から”日本”国産の製品が注目を集めているのには、様々な理由があると思われる。緻密で正確な縫製の日本製品は、品質が良い。大量生産とは異なり、一つ一つ丁寧に作られた製品も多く、職人の真心が感じられる。良品質な国産の製品は、耐久性が高く長く愛用できる。そのため使用する度に愛着も湧く。日本人特有の気配り・心配りは、ものづくりにも精通していると思われる。使う人のことを考え、形にしているため、同じ価格・同じデザインでも日本製品の方が評価されているのであろう。幻想にすぎないかもしれないが大量消費に疲れた人々に癒しを与えているのかもしれない。 UBIQは日本の東京発信のブランドである。全てがインターネットで繋がり世界がフラットになったことでより日本ということを意識しだしたのかもしれない。当たり前のように身近にあった日本製という商品が気がつくと希少なものになってしまっていた。日本の製靴工場は海外工場との価格競争に敗れ多くが経営が困難になり思うように作れなくなってきているのである。現実は品質がいかによくても全てがうまくいくわけではないのである。また設備はあるが技術者がいないという問題も深刻だったに違いない。しかしここ何年かでまた日本での物作りを広めようと職人や若者が協力し合い面白い試みを始めた工場も出てきた。長年先人たちが積み上げてきた”日本製”というブランドを継承しようと動きだした背景もありUBIQの日本製のスニーカーを作るという試みが始まった。
Under the circumstances, “MADE IN JAPAN” is reputed highly internationally, There are various reasons that Japanese products high-profile. Precisely made Japanese products are different from what are made by mass production, you feel the craftsmen’s soul for the products.
Japanese products are durable so you can use them for such a long time, which means you will have feelings towards those.
Japanese characteristics such as being attentive and being mindful to someone is playing an important role to creation, which might be the best remedy for people that are tired of mass consumption. Since the internet made this world flat, that might be the turning point to shift to “MADE IN JAPAN”.Since many Japanese shoes factories lost against ones in overseas.because of financial issues, Japanese shoes became rare nowadays. However, there are some movements to get back domestic production by young creators and craftsmen to inherit “MADE IN JAPAN PRIDE”. UBIQ is also attempting to make sneakers made in Japan.

最初の日本での物作りということもあり東京ということにこだわり靴作りで有名な下町の工場に生産を依頼した。また使用している素材から全て日本のものを使用し純国産にもこだわった。初回のコレクションはいわゆる革靴を得意とする職人に生産依頼したということもあり何度か打ち合わせを重ねる中で職人さんが慣れている製法でスニーカーを作るということを尊重した。そうして開発したモデルはややロングノーズの木型を使用していてドレスシューズのような上品な雰囲気を持った仕上がりになり既存のスポーツシューズとは一線を画したものになった。大手メーカーのような機能性こそないが昔ながらの製法で作られたシューズは今までのUBIQにはなかった新しい価値観が生まれた。熟練の職人による丁寧な仕事は前述したように職人の誇りと愛情がうかがえる。足入れもよく履き込むごとに馴染んでくる履き心地は長く付き合っていくことのできる一足に仕上がっているのではないかと思う。私自身、長い間継承されてきた物作りに触れることにより色々勉強をさせてもらったコレクションでもある。一日に生産出来る足数もオートメーション化された工場と比べると少なく非効率的ではあるが日本の職人と作るUBIQのスニーカーに特別な価値を吹き込んでいきたい。
Since this is the first opportunity for the creation in Japan, UBIQ decided to be based in Tokyo, and they chose a factory, which is in old downtown where has been famous for shoe making industry. Also, they stick to be pure made in japan that all the materials are made in Japan as well. For the first collection, they worked with loafer craftsmen, so through several times of discussion they decided to make sneakers by following how loafers are made. The developed model turned out to have a classy impression because of long nose shoe lasts. Even though those sneakers are lacking functionality compare to ones from big brands, the new way of design broaden UBIQ’s sense of creation.I feel that those domestic sneakers from UBIQ gradually fit my feet that they will be your long-term fashion item. This collection taught me a lot through craftsmanship.
The number of shoes we can make are less than the automatization factories and it`s inefficient, but the point of UBIQ`s sneakers is the special spiritual value of the sneakers made by Japan`s craftsmen.

 

 

SEED J

UBIQのクラッシックなランニングモデルをMADE IN JAPANにリニューアルしたモデル。ややロングノースのラストから作られたこのモデルはドレスシューズのような雰囲気で、革靴のようなフィット感とスニーカーのような履き心地に仕上がっている。履けば履くほどにレザーが足に馴染み長く付き合える一足で経年で変化する風合いを楽しんでもらいたい。
The renewal model from classic running shoes of UBIQ’s to MADE IN JAPAN. They have a sort of dress shoes vibe since they are made with long nosed last. They fit like loafers but light like sneakers. The leather will be softened gradually that gives you different impression every time.

 

 

ご購入はこちら

 

 

GAME J

あまり見かけることがない外羽根のランニングタイプのデザイン。SEED Jに比べ切り返しの多いデザインが特徴のモデル。アッパーの素材にはヌメ革、スムースレザー、スエードと異なる3種のレザーを使用した3色展開。それぞれ違った表情に仕上がっておりそれぞれの風合いを楽しんでもらいたい。ミッドソールにはEVA,アウトソールにはビブラム社のソールを使用しており軽量で耐久性に優れ長く愛用できる一足。
A quite unique collection with running shoes-ish design. Three different fabrics, tanned leather, smooth leather and suede. Three colors are available, so you can enjoy different atmosphere. For the midsole, EVA is used, and as for out sole is from Vibram , so you can wear for such a long time.

 

ご購入はこちら

 

 

VAGET J

シンプルなデザインのハイカットのコートシューズ。ゴールドのバックルやシューレースのチップを使用することによりクラス感を演出しておりドレスシューズのようなフォルムにマッチしている。ミッドソールにはEVAを使用しており,それをレザーで覆うことにより見た目の重量感とは違いとても軽量に仕上がっている。ミッドソールのレザーの白い部分はスニーカーのソールに見えるよう一枚一枚手作業でペイントしており、またヒール部分で切り返すことによってデザインのアクセントとしています。
Simply designed high cut court shoes.
The gold buckle and shoelaces match their dress shoes kind of shape. As for mid sole, leather coated EVA is used so they are absolutely lighter than how they look. The white part of the mid sole is hand painted to make it look like sneakers’ sole. Also the stitch around the heel is spicing up the design.

 

ご購入はこちら

 

 

eL J

UBIQのアイコニックなモデルeLをMADE IN JAPANにリニューアル。特徴的なアッパーのステッチ、アンクル部分のベルトのデザインはそのままにソールユニットをVAJET同様EVAを使用し軽量化を実現している。スリッポンタイプなのでミッドカットでありながら容易な脱ぎ履きができ履き口部分は調節可能なベルトで好みで締め付けを調整できる仕様になっています。アウトソールにはビブラム社のソールを使用し耐久性に優れ高く長く愛用できる一足となっている。
This is an iconic model of UBIQ, which is remodeled to MADE IN JAPN.
The unique stitches at upper and the belt around ankles are remained from the former design, however the sole unit is lighten as well as VAJET by using EVA. Even though they are mid cut, slip-on design make them easier to put on. You can adjust the tightness with the belt.
Out sole is from Vibram, so the durability is guaranteed.

 

ご購入はこちら

 

 

SUFI J

余分なデザインを取り除きシンプルさを突き詰めたモデル。装飾がなく洗練されたフォルムをダイレクトに感じることのできるこのモデルは素材の上品さをより際立たせている。日本製の商品全てにオーソライト社のインソールを使用しておEVAに比べクッション性が高くメッシュ素材で足裏の通気性にも優れているため快適な歩行をサポートしてくれる。
A collection of simplicity. The design without any decoration makes you feel its sophisticated shape that emphasizes the quality of the material. All MADE IN JAPAN products’ in sole are from Ortholite, which has higher cushioning characteristics compare to EVA,and high breathebility that support your comfortable walk.

 

ご購入はこちら